爪が白濁、肥厚する疾患が水虫(白癬)とは限りません。とても似ている疾患もあります。ですから必ず、爪の一部を取って顕微鏡検査を行います。結果はすぐ分かります(1分)。

次に治療法の選択です。
以下のように内服と外用ですが、一言でいうと内服は効くが肝機能障害のリスクあり外用はリスクはないが効果は少ない。また爪白癬の臨床症状の違いから内服より外用の方が効くタイプもあります。

治療期間 長所 短所
外用クレナフィン®、ルコナック®1年以上副作用なし 効果小
内服ホスラブコナゾール3か月効果大 肝機能障害のチェック必要、値段が高い
テルビナフィン6か月効果中 肝機能障害のチェック必要
イトラコナゾール3か月効果中 肝機能障害のチェック必要 、値段が高い