原発性腋窩多汗症とは、「特に内科的な病気もなく原因不明で腋窩(わきの下)にとても汗をかく」ということです。
治療としては、
1,塩化アルミニウム液外用
2,イオントフォレーシス:設備が必要
3,ボトックス注射:ボツリヌス菌の注射
4,手術:わきの下の汗腺を焼く
などがありました。これまで医院では1,3、を行ってきましたが、1、塩化アルミニウムは塗っていると肌が荒れてくる、痒くなる、ヒリヒリする、3、ボトックス注射は約4~6か月で効果が切れる、高い(約2万円)、痛いなどの短所がありました。

最近、原発性腋窩多汗症に対する外用薬 エクロックゲル(20グラム)が発売になりました。当院でも何人かに処方しています。当然ですが効く人と、効かない人がいますが、リピーターの方が多い印象です。保険適応(3割)で1500円、1日1回2週間使用できます。