60年間インドア派の私が最近、アウトドア派になりつつあります。

朝日町にあるダチョウが放し飼いになっている所知ってます?


                 いこいの森公園の睡蓮。


9月下旬、宮城県側からお釜に行きました。
渋滞がすごかったので麓の駐車場で降りて、1時間半かけて登りました。






10月17日(日)、天気も悪く、夫は不在なので思い立って一人で千歳山登山に行きました。
①千歳山の登山口にたどり着けず、車で周囲をぐるぐる回る。20分ロス。
②神社の左右に道があって、何も考えずに左を選択。なんか寂しい道。熊が出てこないか心細くなってきました。なんか下ってる気もするし・・・。いやいやどう考えても下ってる。別の登山口が見えてきました。Uターンして神社まで引き返す。20分ロス。
③カメラのSDカードを入れ忘れて撮影できず。
ということで、10時ごろようやく右の道をスタート。千歳山は20年ぐらい前子供達と登ったことがあります。初心者向きの山、471メートル、ということで楽勝楽勝!と思って登り始めました。
私より年配の人が普段着でひょいひょいと登っていきます。風が冷たい、寒い。でも背中は汗でびっしょりで冷たい。40分ぐらい登ったところで、もう限界、でももうすぐだよね、初心者向きなんだからと思って、降りてきた人に「あとどれぐらいですか?」と聞いたら「もう3分の1ですよ。」、ガーン!!もうだめ、引き返そうか、と何度も考えましたが、千歳山で引き返す人っているのかな?夫に馬鹿にされる!最後のひと踏ん張りで、やっとやっと頂上にたどり着きました。ヒー、ヒー、もう息も絶え絶え・・。でも他の人達、なんか平気そうな顔してる・・・。
5分ぐらい休んで、下山。下山は得意。登ってくる人に対しても何か優越感。楽々登りましたよ~って顔で「こんにちわ~!」って。は~、疲れた~。