2021/7/14

13歳男児の胸。何でしょう?ニキビみたいだけどニキビじゃない。正解はマラセチア毛包炎。

この子はネットで調べてきて、「マラセチアじゃないですか?」って!鋭すぎる!

マラセチア菌っていうのは毛包に常在している真菌なんだけど、それが増殖しておきます。治療はイトラコナゾール内服の内服。あとは高温多湿を出来るだけ避けること。1か月後に診ます。


2021/7/7
お腹に線状のへっこみが見えますか?これ、モンドール病。静脈やリンパの一時的な閉塞で起こる。5~10年に一度ぐらいで患者さんが来る。ほっておくと数か月で治るが、早く治したいときは、麻酔をしてへっこみの真ん中を刺す!

次は竹林に入ってタケノコ取りをした人の首の後ろを刺す虫、これ痛いんです。

引っ掻いた爪の線がそのまま赤い線となって体中にあります。すごく痒いです。
赤い線はただの盛り上がりではなく、細かい赤いぷつぷつからできています。
赤い線以外にも、赤いぷつぷつが面になっているところも有ります。
少なくとも1週間から10日は消えません。

患者さんに聞くことは一つです。「シイタケ食べてませんか?」
患者さんが目を白黒させる瞬間が至福の一瞬です。皮膚科医でよかった~!!
この患者さんは数日前に焼いた生シイタケを10枚位食べてそうです。

答えは「シイタケ皮膚炎」
生シイタケを加熱が不十分で食べた場合が最も多く、干しシイタケの戻し汁や、シイタケを揚げて甘じょっぱく味付けしたお菓子で発症する場合もあります。同じ食べ方をして毎回出るわけでもありません。アレルギーとか中毒とか言われていますが、原因はまだわかっていません。

でも、軽く焼いた生シイタケって美味しいんですよね。
フカフカが少し残っていて、食べると汁がジわ~と染み出てきて・・。
発症頻度はそう高くありません。1年に2人ぐらい~患者さんが来るかなあ、ぐらい。