に投稿

家庭菜園-1

約5年前に家庭菜園を始めました。
以来取りたての新鮮な野菜の味のとりこです。
暑い日の夕方、水かけをしながら赤くなったトマトを水で洗ってガブリ!美味しい!!

今年はトマト大玉2つ、プチトマト2つ、ナス3つ、キュウリ4つ、冬瓜1つ、ズッキーニ1つ、弦のはうズッキーニ1つ、レタス4つ、パセリ1つ、しそ1つ、セロリ2つです。
昨年はトウモロコシ、スイカ、カボチャも作りましたが、場所をとるのでやめました。

ほとんど野生化しているイチゴが赤くなり始めました。ちっちゃいんです。
すっぱい!のと甘いのがあります。

これからガーデニング、菜園が忙しくなる季節です!

 

 

に投稿

ニキビの外用剤

尋常性ざ瘡の外用剤の種類
当院は中学生、高校生のニキビの患者さんが多いです。
外用剤に加えて、内服薬(漢方薬、ビタミン剤、抗生物質など)、処置(コメド圧出)などをやります。
時々写真を撮って比較します。写真撮らないと実際分からないんですよね。
以前は「良くなったんじゃないかな・・。」なんて言ってましたけど・・。

 

 

上から
有効成分としてアダパレン含有:ディフェリンゲル、アダパレンクリーム、

有効成分として過酸化ベンゾイル含有:ベピオゲル、デュアックゲル

両者:エピデュオゲル

以上はニキビを治すだけでなく、作らない!こともできます。
長期間概要を続ければ、ニキビ跡が薄くなっていくこともできます。
しかし、かさつく、赤くなる、ヒリヒリするなどの副作用もありますので、よく説明をしてから処方しています。

 

 

次は抗生物質の外用剤
右の写真で上からアクアチム軟膏、アクアチムクリーム、ダラシンTゲル

下の写真で右からアクアチムローション、ダラシンTローション、ゼビアックスローション

ゼビアックスローションは1日1回の外用でいいので使いやすいです。
抗生物質入りの外用剤は赤いニキビ、化膿したニキビに使います。
治った後も長期間使用することは耐性菌が出現する危険性が増すため良くありません。

に投稿

保湿剤の種類

 

第一回目の皮膚科のお勉強は保湿剤の種類についてです。
主に当院で扱っているもののみ紹介しますね。

ヘパリン類似物質入りの保湿剤(先発品は、ジェネリックは

写真の右から「ヒルドイド軟膏」、「ヘパリン類似物質油性クリーム」:
保湿効果強いがややべたべたする。
ヒルドイドクリーム」:べたべたしない。

 

写真右から「ヒルドイドフォーム」:泡
ヒルドイドローション」:乳液タイプ
ヘパリン類似物質外用スプレー」「ヘパリン類似物質ローション」:液体

夏はこっちを使うことが多いです。

 

 

 

次は尿素入りの保湿剤です。

写真の上は「パスタロンクリーム10%」:尿素10%
下は「アセチロールクリーム」:尿素20%

塗り心地はさっぱりしています。尿素濃度が高いほど多少刺激があります。
角質が厚いときにも使用します。

ワセリン(白色ワセリン、プロペトなど)もあります。
保湿剤と混ぜて使うこともあります。

以上から、季節、乾燥の程度、患者さんの希望などで選んでいます。

 

に投稿

コロナウイルス感染の対策

コロナウイルスの院内感染の予防のため、
マスク着用のお願い:院内ではマスクの着用をお願いします。
アルコール消毒のお願い:玄関のアルコールの消毒をご使用ください。

また以下を行っています。
受付にアクリル板の設置:患者さんと事務員双方の感染予防のためです。
内科の予約枠の増数:内科の予約枠を増やしましした。
処方量の増量:症状が落ち着いておられる患者さんには3か月処方を行っています。

また以下を準備中です。
オンライン診療、キャッシュレス決済 : 開始のお知らせをもう少しお待ちください。

に投稿

発熱患者さんへ

発熱がある患者さんも診ます!
受付で発熱があると判明した患者さんは、駐車場の所定の場所で自家用車内でお待ちいただき、そこで防護服を着た内科医師と看護師が診察を行います。
これからもしっかり予防しつつ長くなるであろうコロナとの闘いのお役に立ちたいと思います。