オンライン診療について

      オンライン診療実施についてのお知らせ

当初は皮膚科のみ、月・火・水・金の12:00の一枠から開始します。

   基本的理念
1、院内感染予防、患者さんの待ち時間の短縮、通院困難な患者さんの負担軽減が目的です。
2、 患者さんからの要望があった場合に行います。
3、 オンライン診療は対面診療に比べ得られる情報は少なくなり、誤診や見逃しにつながるリスクがあります。医師が対面診療を必要と判断した際は対面診療に切り替えます。

 

                     対象者
1、 遠方、仕事の関係、心身的障害などでの通院困難者
2、 症状が落ち着いている慢性疾患の患者さん
3、 定期的な対面診療が可能な患者さん
4、 オンライン診療のリスク等を理解している患者さん
5、 通信機器を使用できる患者さんか、ご家族に使用できる方がいらっしゃる患者さん

                   対象外
1、 今まで当院に受診したことがない患者さん
2、 通院中でも新しい症状、もしくは久しぶりに出た症状がある場合


    行う場所
1、 患者さんはご自宅、養護老人ホーム、特別養護老人ホームなどで行います。
2、 医師は医院で行います。
3、 双方ともに外部との遮断が出来ている環境であることが望ましいです。
4、 停車中の車内、職場で行うこともできます。

    通信機器
1、 当院ではLINEビデオ通話を使用します。
2、 媒体はスマートホン、タブレット、パソコンいずれでも可能です。
3、 録音、録画は基本的に行いません。行う際は前もってお互いの了承を得る必要があります。

  

   オンライン診療実施までの流れ New!!

1、準備

    • 同意書に署名をお願いします。
    • オンライン診療にはLINEアプリを使用します。スマートフォンにLINEのアプリをインストールし、アカウントを作っておいてください。できない場合は当院で致します。その後、大原医院と友達になります。
    • スマートフォンの画面を横向きに設定し、院内でビデオ通話をしてみます。
    • 次回のオンライン診療の予約をとります。

2、当日

○予約時間に大原医院からビデオ通話をかけますので、保険証を準備し、画面を横向きにしておいてください。

診察代は月末までに来院にてお支払い下さい。

○処方箋をあすなろ薬局へFAXしますので、薬局へ直接薬を取りに行くか、薬局へ郵送を依頼して下さい。


 

2020年4月から厚生労働省のオンライン診療e-learningでの講習を受けた後、試験に合格すると修了書を頂けます。
将来的にもオンライン診療を続ける医師には必要となります。
私も過酷な講習(嘘です。)と難試験(これも嘘です。)を見事クリアし、修了書を頂きました!